募集要項ボタン
トップページ
近頃思うことです!

アラスカに行きたしと思えど・・・--- [2012-04-30 16:49:35]

 4月も今日で最後。明日からは5月。爽やかな新緑の季節を迎えます。

 さて、奇跡のサッカーボールとバレーボール発見のニュースは、悲惨な状況が続く大震災のつめ痕の中に一輪の明るい色の花を見つけたような、そんな温かな気持ちを運んできてくれました。二つのボールは、同じ岩手県内といっても、かなり離れた場所から流れ始めています。それが同じ潮の流れに乗ったのか、ともにアラスカ州のミドルトン島に流れ着き、ともにバクスターさんという人物に発見されています。大自然の不思議さを思うばかりです。

 アラスカといえば、以前は日本から北極圏経由でヨーロッパに向かう飛行機は、アラスカのアンカレジ空港で給油をしていました。そのため、行ったことはありませんが、アラスカ、あるいはアンカレジという地名は知っていました。そして、さらにアラスカについて興味を持ったのは、星野道夫さんという方が撮った、アラスカの写真集を眼にした時です。

 星野さんの写真には、星野道夫という人の人間性を深く感じさせるものがあります。どの写真も好きですが、もっと好きなのは、星野さんが書いた文章です。どの文章も生きています。ノンフィクション作家の柳田邦男さんは、「言葉の発見者としての星野道夫」という解説文を書いているほどです。

 例えばこんな文章があります。「マイナス50度の寒気の中、チュルチュルとさえずりながら、一羽のコガラが目の前を飛び抜けた時の驚きを鮮烈に覚えている。あらゆるものが凍りついた世界で、なぜさえずることができるのだろう。10センチほどの小さな身体の中で、どうやって生命の灯を燃やし続けることができるのだろう。」(イニュニック<生命> 新潮文庫)

 子ども向けの本としては、『月刊たくさんのふしぎ』の中に「クマよ」(福音館)があります。これにも、すてきな写真と文章がちりばめられています。星野さんの写真を眺め、文章を読んでいると、無性にアラスカに行きたい気持ちになります。行ってみたいなぁ〜。 潮の流れに乗るしかないのかなぁ〜?   (園長)

 (源光寺本堂後ろの本棚に、星野さんの写真集がおいてあります。自由にご覧いただけます)


3月31日--- [2012-03-31 15:02:22]

2011(平成23)年度が終わります。1年間が過ぎていき、明日からは、また新たな1年が始まります。

別れと出会いの季節、大切に過ごしましょう。

年度最後の日になりましたが、この1年間、「保育資料」に書いてきた保育主題の最後の文章をお届けします。

奉仕←ここをクリック


近頃思うこと--- [2012-03-29 17:38:03]

 3月は卒園、卒業という節目の月である。私は「さよなら ぼくたちの ようちえん」という歌が大好きだ。我が子の卒園当時を思い出し、眼頭が熱くなる。

 “たくさんの毎日を・・・ たくさんの友達と・・・ ここで過ごしてきたね” まさに歌詞のように、眼が覚めている間は、私よりも友達と一緒にいる時間の方が多かった。

 怒ったり、泣いたり、笑ったり、いろいろなことを感じ、友達に影響を受けながら成長してきたのだと思う。気が合い、いつも一緒にいたくなる、そんな友達を本能的に選んでいるのだろう。それは、決して周りが用意してあげることはできないことだ。

 成長とともに、親から離れた領域に進んでいく。不安や戸惑い、喜びや悲しみを一緒に分かち合える友達を作り、大切にしていってほしいと思う。(YT)


近頃思うこと--- [2012-02-20 16:21:42]

 2月に入り、寒い日が続き、雪が降ることが今年は多いと感じる。幼稚園の子ども達は寒さをものともせず、雪がチラチラ降るだけでも嬉しそう。雪遊びへの期待なのだろう。この時期にしか楽しめない雪を、大いに楽しませてあげたいと思う。

 その一方で、北の方に住む方達は、今年の豪雪で困っている。命をおびやかすほどの雪で、テレビを見ていても気の毒で胸が痛む。少々の雪に、「通勤しにくくなる」と文句を言いたくなるのだが、申し訳ない。

 先日、出勤しようと車を見ると、ガラスが凍っていた。急いでお湯で融かそうと運転席側のガラスを見ると“お母さん、いってらっしゃい♡”とあった。「いつも見送られるばかりなので、見送ってあげたかった」とのこと。

 「冬は少しくらい寒くても仕方がない」と思いつつ、心が温かくなった朝であった。(GT)


2月の保育主題--- [2012-02-02 19:38:53]

本格的な冬景色となりました。体調はもとより、交通安全にも十分ご配慮ください。

さて、保育連盟発行の保育資料2月号が届きました。

2月の保育主題は「和合」です。ちょっと耳慣れませんが、「なかよくします」ということです。どうぞお読みください。

和合←ここをクリック


easy to be happy--- [2012-01-23 10:56:58]

 遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

 いよいよ、私の順番が来ました。年初めに廻ってくるというのは、プレッシャーを感じてもたもたしていたら、すでに、1月下旬に入ってしまいました。

 今更、大晦日の話をしても仕方ないのですが、私の幼少期を思い出すと、新年を迎える前、クリスマスが過ぎたら必ずといって、大手スーパーに連れて行ってもらい、新年を迎えるにあたっての新しい下着、パジャマを買ってもらい、大晦日の夜、日本レコード大賞が始まる前にその年最後のお風呂に入り、買ってもらった新品の下着とパジャマを着せてもらいました。新しいものを身につけると、何か凛とした、背筋が伸びるような気持ちがしたものでした。

 今、我が家の大晦日は私の子どもの頃の慣習や風情、心構えが全く無いような気がします。私の心構えの問題なのですが・・・。

 やはり、節目節目にわが子に対しても、そのような話をするだけで、実際行動に移していないのです。やはり自分が味わったあの感覚を、今年の大晦日は是非復活したいと思っています。着るものを替えるばかりではありませんが。

 私は「凛として」という言葉が大好きです。自分がなかなか出来ないからこそ、あこがれるのです。

 凛とした気持ちを我が子にも感じさせなければ、と思っています。

 

 話は新年を迎えてと変わりますが、新年を迎えて、一番の私の楽しみは「箱根駅伝」!!

 スタート前の張り詰めた緊張感、走っている選手の姿、それを支えている他の選手の表情、「今どんな気持ちなんだろう?」「せつくて大変だねぇ」「がんばってよぉ」「選手たちのご家族の方々どんな気持ちなんだろう」「お疲れ様」なんてテレビに向かって思いをはせたり、声を出して涙を流しながら応援しています。だから、家族と一緒には見られません。白い目で迷惑がられています。

 あの過酷な距離を「楽しんで走っておいでと声をかけた」とか「楽しんで走れました」と選手の感想、なんて素晴らしい言葉でしょう。とことん走ることが好きなんでしょうね。

 毎年、私を元気づけてくれる「箱根駅伝」の選手の皆さん、これからも「駅伝」ファンの私に感動と元気をくださいね。

 心から好きになれるものに出会えている彼らを羨ましく思います。私もまだまだ頑張らなければ、と毎年思わせてくれる「箱根駅伝」です。(IT)


保育主題1月--- [2012-01-05 15:13:34]

新年あけましておめでとうございます。

今日から預かり保育のタンポポさんは、登園となりました。

1月の保育主題は「報恩」です。光幼稚園では11月の主題でした。少しずれていることをお断りしておきます。

1月←ここをクリック


保育主題12月--- [2011-12-06 19:43:15]

早いもので、今年も1ヶ月を切りました。

あったかい日、寒い日と、いろいろですので、子どもたちの体調が心配されます。

手洗い、うがいをきちんとして、身体を温めて過ごしてください。

12月の主題は「精進(しょうじん)」です。

12月←ここをクリック


近頃思うこと--- [2011-12-04 21:15:17]

12月に入り、今年も残すところ1ヶ月となった。

楽しいこと、嬉しかったこと、悲しかったことなど、いろいろなことがあったこの一年。あっという間に過ぎていったようjに感じる。

その中でも、子どもたちの成長の一年はとても早いと感じられる。

子どもたちは生活や遊びを通してさまざまなことを学んでいく。一つの遊びに対して数人が集まれば、いろいろな遊び方が出てくる。

友だちを真似して同じことをしてみたり、友だちとは違うことをしてみたり、こちらが発想していなかった遊びや言葉のやりとりが聞かれることもある。楽しいことばかりではなく、時にはけんかをして学ぶこともあり、たくさんの経験をしながら成長していく。そんな子どもたちの生活や遊びを通して、私が学ばされることも多々あると感じられた。

一つのことに一生懸命取り組んでいる姿に元気をもらったり、転んでも転んでも起き上がって、相手に向かっていく姿に勇気をもらったり、泣いて、怒って、喜んで・・・子どもたちが頑張っている。

そんな子どもたちを保育の現場で見ることができ、私自身も頑張っていこうと思う。(AT)

 


11月の保育主題--- [2011-11-13 09:36:45]

今年もあと2ヶ月となりました。だんだん寒くなってきます。風邪・インフルエンザの予防を心掛けましょう。

11月の主題は領解(りょうげ  こころがけます)です。

光幼稚園では、今月「報恩講」のお参りがありますので、「報恩(ほうおん  ごおん)」を主題としています。

保育連盟では1月の主題が「報恩」です。ちょっとややこしいですが、11月と1月が入れ替わります。

領解←ここをクリック


光幼稚園 [http://izumo-hikari.com/]
お問い合わせ:info@izumo-hikari.com